超ヘルシーな【おからガトーショコラ】の作り方!全部食べても250カロリー

超ヘルシーな【おからガトーショコラ】の作り方!全部食べても250カロリー

ダイエット

僕は、1年中ダイエットのことが頭から離れないせいで、どんな料理を見ても一口あたりのカロリー数を瞬時に計算してしまうという嫌な癖をもっています。

「この食材は100gあたり350kcalだから、今の一口で70kcalは摂取したな……」「このチョコレートは1枚で400kcalだから、9分割のひとかけらは約44kcalか……」

といったように、食べたものがどれくらいのカロリーなのかを考えてしまうんです。

本当に嫌な癖なので直したいのですが、ここまでカロリー漬けになってしまうと手の施しようがありません。

もう、カロリーを知らなかった時代に戻ることは不可能です。

いかにカロリーと上手く向き合っていくか、それを考えるしかない。。。

今回は、そんな風にカロリーに縛られて生きている僕が、いつも食べている「お腹いっぱい食べられて低カロリーなガトーショコラ」の作り方をご紹介したいと思います!

おからガトーショコラに必要な材料

  • おからパウダー 20g(62kcal)
  • 純ココア 20g(72kcal)
  • エリストール 20g(0kcal)
  • 卵1個(中身55g前後:83kcal)
  • 低脂肪牛乳 100g(28kcal)
  • ラム酒 5g(12kcal)
  • ベーキングパウダー 5g
  • ナッツ 5粒

合計カロリー=257キロカロリー

小麦粉やバターを不使用で作れるため、ガトーショコラとは思えないほどの低カロリーに仕上げることが可能です。

パウンドケーキ1本分の大きさで250キロカロリー……。我ながら素晴らしいおからレシピですね。

※おからパウダーは、「なめらか」や「超微細」ではないものを選んでください。なめらか過ぎるため、焼いても膨らまず、食感がもたついてしまうからです。

おからガトーショコラに必要な調理器具

  • オーブン
  • ホイッパー
  • クッキングシート
  • 大きめのボウル
  • 計量器
  • パウンドケーキ型
  • キッチンタオル

おからガトーショコラのレシピ

それでは、具体的な作り方について、画像を交えながら細かく解説していきます。

①ボウルに卵1個を割り入れ、牛乳100gを注ぐ

少々オーバーしていますが、気にしません。

②エリストール20gを入れ、ホイッパーを使って空気を含ませるように混ぜる

空気を含むように混ぜることで、泡立ちます。ホイッパーをそっと泡に当ててみて、僅かに「シュワ……」と鳴ったらOKです。

③おから20gと純ココア20gを入れる

おから20gと、

純ココア20gを入れます。おからパウダーは飛散しやすいので静かに入れましょう。

④スパチュラを使って静かに混ぜる

全体がなじむまで、スパチュラを使って混ぜていきます。繰り返しになりますが、おからパウダーの飛散に注意してください。

⑤ベーキングパウダー5gを入れて静かに混ぜる

ベーキングパウダー5gを入れて、静かに混ぜます。ベーキングパウダーはおからパウダーの数倍も飛散しやすいので、十分に注意をしてください!

また、ベーキングパウダーをおからパウダーや純ココアと同じタイミングで入れないようにしましょう。ベーキングパウダーは混ぜたりして刺激すると膨らみにくくなってしまうらしいので、なるべく終盤に入れるのがおすすめです。

⑥ラム酒5gを入れて静かに混ぜる

ラム酒も、勢いよく混ぜると飛び散りやすいので注意が必要です。

⑦オーブンを180度/30分に予熱する

材料の仕込みは完了したので、次はオーブンで焼くための準備をします。

まずはオーブンを180度/30分に設定し、予熱します。

⑧クッキングシートをパウンドケーキ型に合わせてカットする

今回はこちらのパウンドケーキ型とクッキングシートを使用します。パウンドケーキ型は、Amazonなどで1000円以下で購入できます。クッキングシートはスーパーやドラッグストア、100均に置いてあります。

created by Rinker
貝印(Kai Corporation)
¥636 (2021/09/17 00:04:00時点 Amazon調べ-詳細)

カットの仕方なのですが、クッキングシートをパウンドケーキ型に張り付けたら、

両端をハサミでカットします。およそ7cmくらいカットすれば十分です。

⑨パウンドケーキ型にクッキングシートをはめ込む

⑧の工程でカットをしているため、クッキングシートがパウンドケーキ型にすっぽりとハマってくれます。

⑩パウンドケーキ型にボウルの中身を流し込む

空気を含まないように、底面を叩いたり左右に揺らしたりして空気を抜きましょう。

⑪砕いたナッツを振りかける

キッチンタオルの上で包丁の腹などを使い、ナッツを砕きます。細かく砕ければ、砕く方法はどんなやり方でも問題ありません。

砕いたら、生地の上に振りかけます。

⑫予熱されたオーブンに入れる

そろそろ予熱されたオーブンの準備が整っていると思うので、もし終わっていたらオーブンに入れて30分待ちます。

⑬焼き上がったら10分ほど冷ます

焼き上がったらオーブンから取り出します。

パウンドケーキ型は死ぬほど熱いので、ランチョンマットなどは溶かしてしまう恐れがあります。耐熱マットの上に置いて冷ますのがおすすめです。

⑭粗熱が取れたら型から抜き、キッチンタオルを敷いたお皿の上に置く

パウンドケーキ型に入れたままにしておくと、熱がこもって水分が付着してしまうので、粗熱が取れたらキッチンタオルを敷いたお皿の上に置いておくのがおすすめです。

⑮冷たくなったら一口大にカットして完成

触ってみて熱さを感じなくなったら、包丁で一口大にカットします。

断面はこのような感じ。

おからガトーショコラの味

しっかりとココアの風味を感じることができ、おから感はほとんどありません。ふわふわとした食感で食べやすく、ベーキングパウダーで膨らんでいる分、食べ応えがあるので、一切れ食べるだけでも満足感があります。

ただ、一般的なスイーツと比べると、モソモソとして口の中の水分が奪われるため、その点はおからレシピの宿命なのかなと思います。

オレンジやマーマレードのジャムを入れても◎

アクセントとして、オレンジやマーマレードなどのジャムを入れても美味しいです。20gほど入れるだけで、しっかりと味がついてくれます。オレンジピールのチョコレートような感じですね。

その分カロリーは増えるので、ヘルシーにガトーショコラを食べたい方には今回のレシピがおすすめかなと思います。

エリストールは▼こちらを購入しています。

1㎏で1000円とコスパがいいので、いつもこれを買って砂糖の代わりに使用しています。

おからガトーショコラで低カロリーに甘いものを楽しもう

今回ご紹介したおからガトーショコラは、ネット上に上げられている様々なレシピを参考にしながら作りました。

僕自身、味やカロリーパフォーマンスが最も優れている配合・作り方になっていると思うので、おからでガトーショコラを作りたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

余談ですが、よく妻にも食べてもらっていて、「おからが分からないくらい美味しい」と言っていただけています。

ほかのおからレシピはあまり美味しくないみたいです……悲

それでは、また。